お肌プルプル温泉で、食って浸かって癒された – 四万グランドホテル

Pocket

温泉に入るとお湯の中から誰か出てくる気がしますよね。皆さんこんにちは、まつです。

10月上旬に急に温泉に行きたくなり、当日予約で群馬県吾妻郡にある四万温泉にいってきました。そこで四万グランドホテルに泊まってきたので、そのご紹介です。

四万温泉は、スタジオジブリ映画「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルの1つではと言われる温泉街です。って僕は途中まで全く気づかなかったのですが・・・

温泉地近くの車道でメロディーライン(車が通ると音が鳴る細工が道路にしてあり、それが曲になって聞こえるゾーン)があり、その曲が映画主題歌の「いつも何度でも」。温泉地に付く前に映画のシーンを思い出しながらテンションを上げていけます。僕はこの辺で気づきました。(おそい)

今回僕達が泊まったのは、四万グランドホテルの新館の一つである「清流館」。夕朝食付きで1人1万円ちょっと。シーズンオフでもあったので比較的安く行けました。

四万グランドホテル

外観

奥にある白い建物が四万グランドホテル。山に囲まれ、川が流れ、空も広くて、温泉もある。とてもいい環境です。

ホテル横に流れている川の水がとても透き通っていたのが印象的でした。

車をホテル入り口前に停めることができたのはラッキーでした。すぐに従業員の方が出迎えてくれ、フロントへ案内していただきました。

入り口左側には自由に温泉が飲める飲泉所があります。四万温泉は飲んでも良い温泉で、昔から「日本三大胃腸病の名湯」の一つに数えられているそうです。
この様な飲泉所が街の中や他の旅館にもあって、誰でも自由に飲めるようになっているのが面白いですね。

入り口右側にはハローキティの和モダンカフェ「かふぇふろれすた はろうきてぃ」入り口があります。2015年に作られた比較的新しいカフェのようです。なぜハローキティなのかは・・・わかりません。

フロント/ロビー

入り口通ってすぐのところ。左正面がフロントです。広々してますね。

入り口を通ってきて右側がロビーです。少し年代を感じますが、広く清潔感のある場所でした。

一角にはマンガコーナーも。お子さんもちょっとの間なら時間潰せそうですね。

お土産やちょっとした日用品が置いてある売店です。帰りにここで人気1位の「高原花豆」をお土産に買いました。
ハローキティグッズ等も充実しています。

お部屋

僕達の宿泊部屋がある清流館は、フロントのある棟の隣でしかも1階の部屋だったので、さきほどの売店前を通り過ぎてすぐのきれいな通路の先に部屋はありました。

そして部屋に到着!玄関は広い作りで、荷物が多くても出入りが楽ですね。

洗面所とバスルームも明るく比較的きれいでした。しかも部屋のお湯も源泉が出てくるという有難い仕様!さすが豊富な源泉掛け流し天然温泉。余裕が感じられますね。

そしてメインルーム!広い!

反対側から見てもやっぱり広い!この広さで2人とは贅沢な・・・感謝です。家族で十分泊まれるスペースです。

定番のこのスペースも広い!この机と椅子のあるスペースが無性に好きなんですよね。広さと綺麗さにテンション上がりました。

奥には金庫や浴衣などが入った押し入れタンスもあります。浴衣は各サイズ揃ってました。

部屋をある程度見て落ち着いた後、「作家が旅館で本を書く気持ちが少しわかる気がする」と奥さんと2人でしみじみ宿の良さを味わっていました。

もちろん、温泉まんじゅうも机の上に置いてありました。薄めの皮であんこもしつこくなく、美味しかったです。

こんなものも置いてありました。山の中なので当然虫はいますよね。見つけたらフロントへ通報です。
宿泊中は彼らに出会いませんでしたが、思いの外蚊が多かったです。就寝後も何度か戦ってました。

源泉掛け流し天然温泉

温泉内部は撮れないので、地下一階の温泉入口前にあるちょっと素敵な椅子の写真のみですみません。

四万グランドホテルが引いている源泉は、総湧出量毎分1,600リットルというかなりの量の源泉掛け流しで、コラーゲンの生成を助けて肌の新陳代謝を促進する、天然成分(メタケイ酸)が通常の3倍以上も含まれているそうです。

女性には嬉しい効果ですよね。うちの奥さんもお肌の調子が良いと喜んでました。中年おやじの僕もしっとり肌になったんじゃないでしょうか。

ホテル内の温泉は24時間入れる(一部清掃時間除く)ので、気軽にいつでも入れるのはありがたかったです。

最上階にメルヘンの湯というのもありましたが、ハローキティづくしのようだったので・・・今回は地下の露天風呂を満喫し、ゆっくり体を癒しました。
川のせせらぎを聞きながら月を眺めて半身浴。とても気持ちよかったです!

ちなみに、姉妹館である「四万たむら」の温泉(全6種類)も、四万グランドホテル宿泊客であれば500円で入れるとのことでした。(通常1,730円)
僕達は忙しくしたくなかったので、今回はグランドホテル内のお湯だけを楽しみました。

四万グランドホテル効能

泉質   − ナトリウム・カルシウム-塩化物、硫酸塩泉(中性低張性高温泉)
温度   − 73~85℃
効能   − 神経痛、リウマチ、筋肉痛、慢性消化器病、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病他
営業時間 − 24時間入浴可能(四万たむらは時間制限あり)
備品   − ボディソープ、シャンプー、リンス、石鹸、くし、ドライヤー、カミソリ(男性風呂)

お食事

夕食

食事会場は広々していて、ここで健康志向な料理が食べ放題です!パーティタイムです!

料理は和洋中それぞれあり、揚げたて天ぷらや目玉のローストビーフ!デザートもケーキやソフトクリーム、チョコレートファウンテンまで!食べきれないけど嬉しい品揃え!

その他ソフトドリンクやお酒も飲み放題コーナーがありました。(宿泊プランによっては別料金)

さらに連泊者には嬉しい日替わりコーナーもあるので、食べ飽きる心配ないですね。

僕が最初に取ってきた内容・・・彩り・バランス考えず、食べたいものだけ取ってきたのがバレバレです・・・でも食べ放題ってそういうものでしょ?

奥さんが取ってきた品々・・・なんか絵になりますね。すみませんでした。

2人とも一番のお気に入りはローストビーフ。しっかりしたお肉だけど柔らかくて、洋わさびがとてもいいアクセントになって更に食欲が増しました。

あと上州豚のしゃぶしゃぶも、いつも食べるチェーン店のしゃぶしゃぶよりお肉が美味しいことに(そりゃそうだ)感動でした。さすが老舗ホテルだけあって、かなり満足行く料理内容です。

僕のデザート。ソフトクリームにチョコレートファウンテンのチョコをかけました。温かいチョコがパリパリになってたまらない食感に!もちろんおかわりしました。

奥さんのデザート・・・小さなケーキとプリン・・・なんか絵になりますね。すみませんでした、ごめんなさい。

朝食

朝食会場も同じ場所でバイキングでした。

パンとごはん選べますが、今回僕はパンをいただくことに。パンはオーブンで焼けるので、温かいパンにソーセージを挟んで美味しくいただきました。

本当はもっと食べたかったのですが、昨晩の食べ過ぎて胃が元気なかったので少し控えめに。(パンしっかり食べてるけどね)

奥さんは和朝食。なんかバランス良さげで美味しそうですね。(実際にどれも美味しかったそうです)

ホテル周辺

温泉街

ホテルから出ると雰囲気ある温泉街が広がっています。

そこまで広くはないのですが、お土産屋やちょっとおしゃれなカフェ、観光案内所などもありました。

当日は週半ばということもあり、お休みのお店が多かったです。やはり週末が賑わうんでしょうね。

もう一つ先程の通りとは別に「落合通り」という名前のついた通りがあります。

こちらの方が幅も狭くこぢんまりしていますが、飲食店やお土産屋がちょこちょこと。

ありました、スマートボール!やっぱり温泉街といえばスマートボールですね。午前中でしたが3、4人遊んでました。

落合通りを抜けると、四万川を渡れる橋に差し掛かります。この周辺は朝散歩しても気持ちよさそうですね。

積善館

積善館は四万グランドホテルの横にあるので、すぐに見ることが出来ました。
この場所が「千と千尋の神隠し」の世界観を作るのにインスピレーションを与えた場所の1つだと言われていますが、確かにそんな雰囲気もあるような。

ちょっと映画の世界を感じられる場所もあり、散歩が楽しかったです。

 

そんなこんなであっという間の一泊二日でした。

美味しいもの食べて、ゆっくりと温泉に浸かって、とても癒やされる時間を過ごすことができて満足です!

宿と温泉街は、温泉を贅沢に楽しむのには必須ですね。

四万グランドホテルの宿泊プランは以下のリンク先で確認できます。(楽天トラベルへのリンクです)

施設情報

【四万グランドホテル】

住所: 群馬県吾妻郡中之条町四万4228
電話: 0279-64-2211
チェックイン/チェックアウト: チェックイン15:00/チェックアウト10:00
温泉: 有り(24時間入浴可能)
卓球; 有り(有料)
駐車場: 有り(無料)

Pocket

投稿者: まつ

まつ
甘党、肉派、珈琲は濃い目で。 奥さんとドライブしながら美味しいものを食べに行くのが楽しみ。 食べること以外には写真と映画とクルマの運転が好き。

コメントを残す